歯周病

歯周病治療とは

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、30才以上の約80%が歯周病にかかっていると言われており、歯科の三大疾患の一つです。特に日本人に多い病気です。
虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯ぐきや骨もとても大切です。

歯周病の最大の特徴は、虫歯のような激痛もないので、長い間放置されることが多く、また、全身疾患との関係が強く疑われており、その一例として「歯周病患者は心臓病となる危険度が歯周病がない人に比べて3倍高い」との報告結果もあります。
歯周病治療に早すぎるという事はありません。 あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。

歯周病の進行

軽度歯周病

歯周ポケットの深さは4mm程度

歯肉が赤く腫れ、歯磨き時に血がでるなど歯肉の炎症だけにとどまらず、歯を支える骨が溶けはじめています。この段階で痛みを感じることはほぼありません。

カウンセリング

中度歯周病

歯周ポケットの深さは6mm程度

炎症がさらに拡大し、歯を支える骨が半分程度溶けています。歯肉が下がり、歯が長くなったようにみえるだけでなく、口臭が発生し、歯が浮いたように感じます。

カウンセリング

重度歯周病

歯周ポケットの深さは8mm以上

歯を支える骨が3分の2以上溶け、食事ができないほど歯のグラつきがひどくなります。歯肉がさらに下がって歯の露出が増え、口臭も増します。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。

カウンセリング

歯周病の治療

歯周病の治療は、原因である歯垢を取りのぞくことが基本となります。日頃の歯磨きの見直しをはかり、歯並びにあった正しい磨き方や歯間ブラシ・フロスなどを使ったケアを指導させていただきます。
次に歯磨きでは取り除けない歯石(歯垢が石灰化したもの)を専門の器具を使って除去していきます。段階が進んでいる場合は歯肉を切開し、歯周ポケットの奥深くまで歯石を除去する必要があります。
さらに顎の骨が溶けてなくなってしまっている場合は、骨を再生していく治療を行なうことで歯を維持し、歯垢・歯石除去を繰り返しながら健康な状態へと導いていきます。

歯周病の治療

歯周病の予防

歯周病は自覚症状がありませんので、健康な状態と思っていても感染している場合があります。
初期段階での治療が開始できれば、患者様自身の身体的負担、治療時間・費用などを抑えることができますので、まずはお気軽に当院までお越しください。
歯周病かどうかをお調べするとともに患者様の口内に適した予防方法をお伝えさせていただきます。なお、歯周病は治療を終えても、残念ながら再発するおそれがあります。

ご自身では気がつかない口内の変化を見落とすことのないよう、定期検診にお越しいただき、末永く健康な状態を保っていきましょう。

歯周病の治療
歯周病症例はこちら
ページトップへ